会社の損害

交通事故で従業員が怪我をしたことにより,会社に損害が生じることがあります。

 

その従業員が就業できないものについては,会社は断念するか,他の従業員に従事させるか,

新たに人を雇用するなどして対応するかしなければなりません。

 

この損害は,原則として,加害者に賠償請求することはできません。

人を雇用してそのことによって利益を得る以上,そこから生じる損害についても,会社は自ら

手当をしておくべきであるし,他の従業員を雇用すれば,損害を現実化させずに済むということ

などがその理由となります。

 

現実には,人を新たに雇用するにはかなりの時間を要しますし,当該従業員と同内容の条件で

新たな雇用ができるとも限りませんが,そのことはとりあえず置かれています。

 

ただし,これには例外があり,当該従業員が,会社の唯一の従業員であり,会社と当該従業員が

同一視できるような場合には,損害賠償請求できる可能性があります。

 

状況により,実際に賠償請求が認められるか,認められるとしてどの程度認められるかは変わり

ますので,まずは,弁護士に相談されるとよいと思います。

 

弁護士法人心の交通事故専用ホームページもご覧ください。

インターネット記事削除

東京地方裁判所で,インターネット上の記事を削除する業者に対し,非弁行為に該当することを理由に

報酬の返還を命じる判決が出されました。

 

この裁判例を前提とすると,インターネット上の記事の削除は,弁護士以外は有償では行えないことに

なりそうです。

まだ,地方裁判所での判断でしかなく,控訴された場合高等裁判所で同じ判断になるかは不明です。

 

インターネット上の記事の削除をするための手続は,その記事の掲載されているページの運営主体に

よっても異なります。

簡単に削除できるページもあれば,手続が困難なページもあります。

 

弁護士への依頼は,まだまだ敷居が高いと感じる方も多いと思いますが,本来弁護士にしか認められて

いない業務も多いので,無料法律相談等を利用して弁護士に相談をしていただければと思います。

自賠責と労災

東京地方裁判所で,自賠責保険において後遺障害等級14級9号の認定を受けていたケースで,

後遺障害等級12級と判断した判決が出されました。

 

自賠責保険での後遺障害等級認定より高い後遺障害等級が労災保険で認定されていたため,その

資料を利用して,主張立証を行いました。

 

 

親権者変更逆転判決

本日,東京高等裁判所で,親権者の変更に関する判決が出されました。

夫婦の離婚に伴い親権が争われていた事案で,1審では,父親を親権者とする判断が出されていました。

 

従来,裁判所は,継続性の原則を採用し,子の監護を実際に行っている親を優先的に親権者と定めていました。

この1審では,従来の判断とは異なり,寛容性の原則を採用して,親権者を定めたものと考えられていました。

 

外国では,多くの国が寛容性の原則を採用しているようでもあり,高等裁判所がどのように判断するかが

注目されていました。

 

最高裁判所に上告された場合,どのような判断がされるか,とても興味深いです。

雛人形

東京駅事務所近くの百貨店に飾ってありました。

もう,雛人形がおかれる時期ですね。

 

DSC_0633

新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

 

東京駅事務所は,今年は,1月4日から仕事始めです。

今年も1年頑張ります。

地裁和解

今日は,東京地裁で自賠責保険で後遺障害認定非該当とされた事案について,

裁判上の和解において,後遺障害等級14級が認定されました。

 

なかなか認定はされませんが,一定数,裁判所で後遺障害等級認定を受けられる

ものがあるので,弁護士として,これからも挑戦していきたいです。

高裁和解

今日は,東京高裁で自賠責保険での後遺障害等級認定非該当事案について,

裁判上の和解により,後遺障害等級14級が認められました。

 

ここまでかなりの期間を要しましたが,後遺障害等級が無事認定されてよかったです。

 

良い結果が出ると,弁護士として仕事をするうえで励みになります。

降雪

今日は,東京都内でも雪が降りました。

 

群馬で医師面談の予定であったため,電車が止まっていけなくなるのではないかと心配

でしたが,多少遅延したものの,なんとか止まることなく群馬まで行けました。

 

電車が止まらなくてよかったです。

健康診断

先月末に行ってきた健康診断の結果が返ってきました。

 

弁護士は,激務であり,体調を崩す人も多いようですが,今年も,特段問題なし

との結果が出ました。

 

今後も健康に気を付けていこうと思います。